読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

左京、イタリアに行くってよ!

イタリア留学から日本に帰ってくるまでのブログ。

ソレッタ帰国

私生活がバタバタしていました左京です。書きたい記事があったのですがそれはまた次投稿するとして…


ソレッタが3/11にイタリアへ帰国するとLINEがあったので空港へお見送りに行ってきました。
彼女とは去年の8月に会ったっきりだったのでせめてお見送りはしたいと思ってました。フィレ男の時もお見送りしたしね。



まだ知り合って間もない頃、4/14の夜9時ごろ九州で地震が起きました。震度3~4くらいなら、おぉ……とリアクションするだけでそこまで慌てないんですが、外国人は地震に慣れていないという認識があったし、3.11のことを連想してパニック起こすんじゃないかと心配しました。
でもその時はTHUNAMIはないから安心して!くらいで終わりました。



その2日後、4/16の深夜1時半ごろ。ドーーン!!!という揺れに飛び起きました。直感でこれはヤバイやつだと即電気とテレビつけて津波は!?震源地どこや!?と家族みんな慌ててました。
なんだろう…突き上げるような揺れだったのでめちゃくちゃビックリしました。

津波情報が分かったらソレッタが無事か確認して、津波注意報の画像も送って『熊本で地震!』『THUNAMIくる!』『でも福岡には来ない!』ととにかく伝えるのに必死でした。

その後も、余震が怖いから出かけてる時に揺れたら周りの日本人のマネをする、外にいたら道路の真ん中に移動する、建物の中だったら階段を使う、寝る時は近くに必要な物が入ったリュックとシューズを置いておく、などLINEしました。



そして8月に二人で水族館へ行った数日後の8/24。
今度はイタリアで地震が起きました。日本の耐震技術が素晴らしいから安心できるけどイタリアでは石造りが多い分、被害が拡大する一方でした。

ソレッタの出身地は最も被害が大きかった地域とそれほど遠くなったと記憶していたので、ニュースを見て『ご家族と連絡は取れた!?大丈夫!?』と慌ててLINEしました。
幸いなことに家族みんな無事だったようで私も安心しました。


今でもちょくちょくイタリアで地震が起きていてローマの人たちが物資や食べ物を分け与えているとロビから聞きました。向こうに行ったら何か力になりたいな…



と、振り返ってみました。
お土産屋にと葛飾北斎の立体型レターと夜桜の手拭いを入れた桜柄の巾着袋をプレゼントしたら、ウソ何てこと…!と喜んでくれた、よかった~(*´`*)
ソレッタは学校で日本語を学びながらバイトもしてたので、日本で生活するのは大変ね~☺と言いつつもイタリアに帰りたくなーい!!と嘆いていたのが印象的だったな。


私がイタリアに居る間にソレッタの故郷を案内してもらう約束をしたので今からとっても楽しみだ!
次は私がイタリアに行く番だね、待ってて!