左京、イタリアに行くってよ!

イタリア留学から日本に帰ってくるまでのブログ。

前途多難

6/24、ついにやった来た出発の日!
必要な物を前日にチェックしたし、日用品のストックも詰めたし、勉強道具もオッケー!


ただ唯一不安だったのが乗り継ぎ。
遠い昔、マップを見ているのに道に迷ってしまった私は近くにいた工事現場のおじさんに『ここに行きたいんですが…』と道を尋ねたら『これマップ逆さまだね!』
そんなことがあったので目的地に無事に着けるのかちょっと、いやだいぶ不安でした。



しかしその不安が的中してしまうのです…



空港に来て早々、前の職場の方とバッタリ遭遇してお互い笑っちゃいました。
気持ちもほぐれてリラックスできたのでこの偶然の出会いには助かりました。


当日、福岡→成田→アブダビ→ローマ→フィレンツェのルートを予定していましたが、成田→アブダビの時点で二時間ほどの遅れがあり、アブダビ→ドイツ(デュッセルドルフ)→フィレンツェとルート変更を余儀なくされた私の心境は決して穏やかではなかった。

この航空券も変更があるかもしれないと言われて、私は何に乗ったらいいの…英語できないのに本当に大丈夫なのかとすごく焦りました。


とりあえずうどん食べてエティハド航空アブダビへ。
初めて国際線に乗るので他と比較しようがないんですが、広くて落ち着いてました。機内食のチキンはまずくはなかったけど、ポテトサラダがキンキンに冷えててちょっとビックリ(笑)

f:id:sakyo006:20170625221258j:plain


無事にアブダビに到着しさぁ着いたぞ!と機体の外に出たら
あっっっつぅ!?!?

うわぁ暑い…じゃない、
あっっっつつぅ!?!?

さ、酸素どこ!
深夜3時なのに蒸し暑くて息苦しい!?


日本じゃ経験したことがない息苦しさと蒸し暑さにかーなーりビックリしました。風も全然涼しくない、熱風…!
でも建物の中は快適で外の暑さなんて気にならなかったですね。


アブダビに到着して案内されたトランジェットカウンターで説明を聞くもホテルという単語しかわからない…多分ホテル取ってねってことなんだろうけど、ホテルってどこ?本当に合ってるかな!?

これはもう一人じゃムリだったので、私と同じ説明をされたであろう日本人のお二人に助けて頂きました。
一人はお仕事でアフリカによく行っているという女性と、もう一人は趣味で旅するお城好きなスキンヘッドの男性。

カウンターで貰った紙を見せて、私たちと同じなのでホテル一緒に行きましょう!と言ってもらえてすごく助かりました…!

私が初めての海外で何がなんだかわからなくて…と話すと、初めての海外がこれじゃあんまりですよね~!さすがに今回のような変更は私もあんまり経験したことないかも(笑)と。
何もかも初めてだったのでまぁこういうものなのかな?と思ったけど、そうでもないみたい。


チェックインで携帯番号を書いてねーと言われて、そうだ今SIMカード持ってないから番号ないじゃんどうしよ…!?まぁとりあえず家電でいいか(受付完了)

また下で会いましょうとお二人と別れて部屋でシャワー浴びたり歯を磨いたりして体を休める。

ここでラッキーだったのは洗面用具とボディソープがリュックに入っていたこと!
スーツケースはフィレンツェに到着してからじゃないと受け取らないのでリュックに入れていて正解だった!(たまたまです)

サッパリした後はゆっくりし…たかったけど次の便は7:55でこのまま寝てしまうと危険かもしれないと、とにかくじっと待ちました。


日が登り始めた頃にフロントへ。
お二人が現れるのを待つ。
実は成田からずっと気持ち悪くて夜に機内食を食べてかは10時間くらい何も口にしておらず参っていました。2回目の機内食はちょっとムリだった。

サッパリされてフロントへきた先ほどの日本人女性がそんな私を見て薬持ってるからよかったら飲みな?とロキソニンをくれました。女性の察しがよくて本当に助かりました。私もロキソニンを用意してたのにスーツケースに閉まっちゃったから…

  


取り敢えずここまで!

ちなみに今ドイツのデュッセルドルフ空港(日本時間6/25 22時すぎ)にいて次の便でやっとフィレンツェに到着です。長い…

広告を非表示にする